道しるべ(生活作品展)


「道しるべ」が開催されました。


専門の講師も招き、作品を通じてどのように子どもと接するのか、どのように子どもの思いを受け止めるのか講演いただき、作品の見方、捉え方を改めて考えさせられました。



上手に描けた、作れたではなく、筆の使い方や、色の塗り方など、子どもたちがどの部分に思いを込めたのかを大切にしています。



テープを何重にも貼ったのは、その子が一番大切にしたい場所だから。

とても濃く塗ったのは、そこに強い思いを描きたかったから。



一見必要のないものに見える1本の糸や線も子どもたちにとっては重要な意味を持っています。



ついつい「これ何?」、「何つくったの?」と聞いていしまいがちですが、「何を」ではなく「どんな思いで」を聞いてあげてください。


子どもたちが作成した多くの作品を見てもらうとともに、その時の思いを感じてもらうことが少しでもできればと思っております。


これからも子どもたち、ひとりひとりが自分の気持ちを表現できる、そのときの思いを作品に込められる教育をしていきたいと思います。

112回の閲覧